菊地凛子さん

アメリカのアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊地凛子さん。彼女を初めて観たのは、上野樹里さん主演の『笑う大天使』の時・・・と思っていましたが

『バベル』での演技で、高い評価を受けている菊地凛子さん。ゴールデングローブ賞は受賞叶わず残念でしたが、アカデミー賞の方はどうでしょうか。
僕が、菊地凛子という女優を知ったのは、上野樹里さん主演の『笑う大天使』を観たとき。セクシーな大人の女性を演じておられました。・・・でも、なぜかどこかで見たことがあったような、既視感を覚えたんですよね。なにかドラマかCMで彼女を見ていたのか・・・

そう、既に6年前、菊地凛子さんを見ていたんです。それも、直に本人そのものを。
昨日、テレビを見ていると、菊地さんの紹介があって、1本の映画の映像が流されました。それで思い出しました。
熊切和嘉監督の『空の穴』。北海道のドライブインで料理人として働く男のもとに、恋人に捨てられた娘が転がり込み、やがて、二人の間には・・・というストーリー。この娘を菊地さんが演じていました。
『空の穴』は、2001年9月、アジアフォーカス福岡映画祭で上映され、熊切監督、主演の寺島進さんとともに、菊地さんも舞台挨拶に登壇されました。この時、運良く、会場に行くことが出来て、菊地さん本人を見ていたのです。ちょっとアンニュイな感じで、しゃべるとき、目がクルクル動いたのを覚えています。
で、なぜ、昨日まで気づかなかったかというと、『空の穴』のときは芸名が‘菊地百合子’だったから。

『空の穴』での菊地さんの登場場面で、印象に残ったのは、屋根の上で星空へ向かって手を伸ばし跳ね回る場面。菊地さんはアメリカでスターの座に手が届くのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

イルカのおかげ
2007年01月29日 23:35
さすがはぽんぽこさん。いろいろ見てますね。
私なんか『笑う大天使』であの胸元に目が釘付け。
エンドロールでやっと名前を確認したくらいです。
でもお嬢様言葉はチョット苦手だったような・・・

DVDを見返してますが、まだぽんぽこさんにたどり着きません。
ぽんぽこ3L
2007年01月30日 00:18
あの胸元にはどんな意味があったのでしょうかw
僕が映っているのは、コマ送りで見ないと分かりません。解放された生徒達をロレンス先生が迎える場面。先生の後ろに背後霊のような姿が。

この記事へのトラックバック