夕凪の街 桜の国

夕凪の街 桜の国』を観ました。

広島での先行上映、佐々部清監督、田中麗奈さん、麻生久美子さんの舞台挨拶もあるということで遠征しました。

でも、ああ、文才の無さが恨めしい。
この胸に溢れる想いを、どう表現したらよいのか。



関係者の皆様

すばらしい映画、とってくれて ありがとう



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月22日 03:20
わたしも試写会で見たのですが、ぽんぽこさんと同じように、いい映画なのに何も書けないのです。
こんな映画は初めてかも。
イルマーレ
2007年07月22日 21:03
 私のブログにも書きましたが、この映画は私も「従来の映画の枠を突き抜けて」いると最初に感じましたので本当に書くのは難しいですね。
 でも私はぽんぽこさんのこのブログでの「ニライカナイからの手紙」の作品評が大好きですから、「夕凪の街 桜の国」の作品評も是非とも書いてもらいたいです。
ぽんぽこ3L
2007年07月22日 23:50
白線流し様 イルマーレ様
この映画については、ありきたりのほめ言葉では語りたくない想いがあります。是非早くもう一回鑑賞したいと思っております。
K-SASABE
2007年07月23日 00:49
広島シネツインでお姿を確認致しました。
どうも遠くまで、ありがとうございました。感謝致します。

今後ともよろしく!!
K-SASABE
2007年07月23日 00:51
すみません。
シネツインではなくて、TOHOシネマズ緑井でしたね。
ぽんぽこ3L
2007年07月24日 00:36
K-SASABEさま
お忙しいところ、コメントいただきまして、ありがとうございます。春に桜前線が列島を駆け上がるように、『夕凪の街 桜の国』の感動の波が全国に、そして世界に広がってゆくことをお祈り申し上げます。

この記事へのトラックバック

  • 夕凪の街 桜の国

    Excerpt: 夕凪の街 桜の国は、こうの史代の同名マンガを 実写映画化したヒューマン・ドラマ。 過去と現在の2つの物語を通して原爆が世代を超えて もたらす悲劇を静かに見つめる映画。 Weblog: 映画DVD情報ナビ racked: 2007-07-24 13:35