『カケラ』、湯布院映画祭で上映

湯布院映画祭へ行ってきました。

安藤モモ子監督が初メガホンをとった『かけら』を観ました。
また、監督と出演者を招いてのパネルディスカッションも開催されました。

不誠実な恋人との関係に悩む大学生はる。
喫茶店で話しかけられたリコに惹かれてゆく。
心の隙間を埋めるカケラを探し求めるふたり。

主演は満島ひかりさん。
今回の役柄は『愛のむきだし』の動的な役とは対照的なもの。
静的、受身、そんな女性を自然に演じています。
共演は中村映里子さん。
自分の世界を持った行動的な女性を演じています。
彼女に柔らかい、優しいあるいは弱いといった印象を覚えました。
そんな彼女がこの役を演じることにより、人には理解されがたい世界を持った人の悲しみや一途さが伝わってくる気がします。
安藤監督は敢えて逆の配役をしたと語っていました。

また、安藤監督は二人に対して対照的な演技指導をしたそうです。
満島さんには「無視」(満島さん談)、中村さんには細かい指導。
役柄を意識した意図あってのことでしたが、中村さんは泣き出して閉じこもり。
満島さんは監督と言い合いになったとのこと。
「『愛のむきだし』のヨーコが復活」(安藤監督談)

新人監督らしい演出上の試みのついて、評価が分かれるようです。
私は面白いと思いましたが。(特に居酒屋の場面。)

安藤監督が強調していたのは、単なるレズ映画と見られたくないと言うこと。
私はもっと広い普遍性を持つことに成功したと感じました。
心の隙間を埋めるカケラを求めて彷徨う人たちの叫びが聞こえます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

イルカのおかげ
2009年08月31日 22:18
湯布院お疲れ様です。
とても行きたかったのですが・・・。

『カケラ』の情報は余り無いのですが満島ひかりさん主演なら期待しちゃいます。
パネルデスカッションは面白かった事でしょう。

中村映里子さんも楽しみですね。
『子宮の記憶』で始めて見た時はおとなしそうな顔に大胆な演技でビックリしました。
『ハッピーフライト』でも初々しくて良かったですね。

行けなかった私は『色即ぜねれいしょん』で安藤サクラさんを見ていました。
ぽんぽこ3L
2009年08月31日 23:25
イルカのおかげ様
湯布院、すっかりリラックスしてしまいました。
『カケラ』は何回か関係者向けの試写を行った段階で、一般の観客に上映したのは今回が初めてだそうです。映画祭のパンフには来年春公開予定とありました。
パネルデスカッションは面白かったです。
満島さんの「男性監督は優柔不断」発言に、客席にいた金子修介監督が苦笑いする場面もありました。
中村さん、どこかで見たと思っていたら「ハッピーフライト」に出ていたんですね。
安藤サクラさんには注目しています。『愛のむきだし』や『罪とか罰とか』の安藤さんは強烈でした。
イルカのおかげ
2009年09月03日 14:14
『ばかもの』見られなかったそうで、残念でしたね。
金子修介監督曰く「ゼロ号プリント」だったそうで。

http://blog.livedoor.jp/kaneko_power009/

これも楽しみな作品です。
ぽんぽこ3L
2009年09月03日 21:42
「ゼロ号プリント」でしたか。
貴重なチャンスを逃しました。

この記事へのトラックバック